小ネタ情報  純と結の家 撮影2005.8
 以前クロフォード氏よりレポートをいただきました、廃バスを利用した家、2004年の12月に完成いたということで、取材に行きました。
 ここは、富良野の「北の国から02遺言」の「拾ってきた家〜やがて町」の一角、富良野市麓郷にあります。
 となりには、富良野駅前でツーリングトレインとして使われていた客車2両も移設され、これから工事がはじまるといった感じでした。
 今後の展開が楽しみです。これら、廃材や廃棄物をつかった家のアイディアには本当に脱帽です。
001
これがその家。 
002
内部から
バス運転席と
前扉部分
003
前から後ろを
望む。
天井はそのまま
004
後部は
最後尾シートを
利用。
005
中扉部分。
押しボタンや
出口表示も
残る
006
バス右側壁は
切り取られ、
家がつながって
いる。
007
デザイン模型
008
家の全景
009
右後ろ
非常扉部分
010
中扉(建物入口)
部分。
(画像処理済み)
011
窓から中を覗く
012
バス後部
013
富良野駅前から
移設された客車
次の家になると
予想される。