廃線写真館
北海道廃線紀行 留萌鉄道 通信速度により、このページの表示に多少時間を頂きます。ご了承ください。
拡大画像からはプラウザの「戻る」ボタンでお戻りください。
 留萌本線恵比島から昭和炭鉱まで、途中、浅野・太刀別と、炭鉱地帯を軽油していました。昭和5年開通、昭和46年廃止。 
留萌鉄道

2004年5月
01
恵比島駅。ご存じ「すずらん」のロケ地「明日萌駅」として知られる。駅舎は救援車改造の駅舎だが、
ロケのセットが立派に建てられ、本物の駅舎も木でそれなりに囲ってある。
02
恵比島駅の裏のこの建物が、旧留萌鉄道社屋。
当時の画像。「空知の鉄道と開拓」より、無断転載でごめなんなさい。資料写真として。
03
さらに近づいた。
04
日本ケミカルコート社屋に転用されたらしい。
05
入口は2ケ所あった。
06
中は荒れ放題。鉄道の痕跡はなく、かわりに化学会社らしく、ポリ容器とキャップが散乱。
07
窓も割れ、床にはコケ。
08
年代物のテレビ。いつの時代に放置されたか見当がつく。
09
外には、カローラ10。
10
社屋西側の建物跡。(資料画像の左手の部分にあたる)。レンガ煙突の跡が残る。
11
浅野地区はダムで水没。わずかに、橋台が見える。
12
湖の北側のトンネル跡の入口と思われる土盛り
13
反対側の入口はあった。しかし、ここにたどり着くまで川を迂回し、笹藪のガケを降りるハメに。
行った甲斐はあった。沿線最大の構造物。
14
近づいてみた。この人は、今回ご教示頂いたshikaさんです。(画像処理してあります)
15
内部はやや右カーブ。奥は、崩れていた。(わざと崩した?)トンネルの上は元炭住だった土地らしい。
崩れている先が12の画像につながるようだ。
16
天井が崩れるのも時間の問題。非常に危険な香りがする。
17
中から撮影。下は玉砂利敷き。
18
入口には木材。一応、塞いであったのだろうか。
19
太刀別駅を過ぎた付近の橋台跡。
20
道道から昭和に分岐してまもなくの橋台跡。
21
第六号橋に並ぶ橋台跡。昭和駅の痕跡はよくわからなかったが、資料を見る限りではかなり立派
なホームがあったらしい。