廃線写真館
北海道廃線紀行 羽幌炭鉱鉄道 通信速度により、このページの表示に多少時間を頂きます。ご了承ください。
多数の写真がありますので、順次アップロードの予定です。
拡大画像からはプラウザの「戻る」ボタンでお戻りください。
築別−築別炭鉱(のちの羽幌炭鉱)   昭和16年開通、昭和45年廃止。
第1の橋
あとかたもない築別から
曙方面に進むと上羽幌
付近から橋梁が現れた。
遠景 ガーダー上部 銘板・書いてある文字は判別できなかった 別角度から
 
 
長い年月の間に、橋の渡り口中央に木が 築別方向の路盤を
望む
 
 
第2の橋
第2築別川橋梁?
遠景 築別側の路盤はなく、整地されている 横方向から
 
 
 
怖くて渡れないが…        
第3の橋
第3築別川橋梁?
これが、桁に合わせて作られた橋脚。 近景
 
 
1907年、1910年製のレールで補強。 すぐ横にある信号機の基礎跡。      
曙駅跡
ここから名羽線が
分岐予定だった。
駅舎跡付近 便器も発見 ホーム ホーム
 
構造物土台跡か? ホーム終端 駅正面方向から   
分岐点以降
築別炭鉱まで
短いガーダー橋 築堤跡にはコンク
リートアーチ。
民家の裏の小さな
ガーダー
結構長い橋
 
太陽小近くの長い橋 板が置いてある。
誰か渡ったのか。
小学校近くの
小さなアーチ。