廃線写真館
北海道廃線紀行 旧千歳線 通信速度により、このページの表示に多少時間を頂きます。ご了承ください。
拡大画像からはプラウザの「戻る」ボタンでお戻りください。
 
白石−東札幌は、定山渓鉄道乗り入れ(昭和20年廃止)、苗穂接続線は昭和48年9月の新線切り替えまで使用され、
その後はアサヒビールの専用線として昭和51年まで使用されていました。
定山渓鉄道
2005年
 001
東札幌駅跡の近くの国道12号線白石跨線橋。
跨線橋の途中に接続している建物も多く、今後も撤去されずに残りそうだ。
 002
跨線橋の階段は、趣がある。
 
 003
東札幌駅方面は、マンションやコンベンションセンターになった。
付近には倉庫も一部残っている
 
 004
跨線橋から北望。白石苗穂方面。
 005
跨線橋の下は、付近の自動車会社などが駐車場のように使用している
 
 006
 北望。
 007
 平和通から跨線橋方面を望む。この手前から苗穂方面と白石方面に分かれる。
 008
 同地点から白石接続線跡方面を望む。
 009
 白石接続線跡は駐車場などに使用されている。
 
 010
 さらに北望。函館本線は近い
 011
 こちらは、苗穂接続線方面。線路跡は残り、花壇や空き地になっている。
 012
 苗穂接続線。向こうに函館本線が見える。
 013
 アサヒビール工場裏にある月寒駅記念碑。
今後、追加取材予定。